カテゴリー別アーカイブ: 内用薬

オキシコドン徐放カプセル40mg「テルモ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 8119002N4022
成分名 オキシコドン塩酸塩水和物
規格 40mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 オキシコドン徐放カプセル40mg「テルモ」
メーカー名 帝國製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 644.4
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ハッカ水「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 7149005X1197
成分名 ハッカ水
規格 10mL
注1
注2・注3
品名 ハッカ水「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 7.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

オキノーム散20mg

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 8119002B5022
成分名 オキシコドン塩酸塩水和物
規格 20mg1包
注1
注2・注3
品名 オキノーム散20mg
メーカー名 塩野義製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品 先発品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 521.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

オキシコドン徐放カプセル5mg「テルモ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 8119002N1023
成分名 オキシコドン塩酸塩水和物
規格 5mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 オキシコドン徐放カプセル5mg「テルモ」
メーカー名 帝國製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 103.3
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

オキシコドン徐放カプセル10mg「テルモ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 8119002N2020
成分名 オキシコドン塩酸塩水和物
規格 10mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 オキシコドン徐放カプセル10mg「テルモ」
メーカー名 帝國製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 190.2
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

オキシコドン徐放カプセル20mg「テルモ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 8119002N3026
成分名 オキシコドン塩酸塩水和物
規格 20mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 オキシコドン徐放カプセル20mg「テルモ」
メーカー名 帝國製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 350
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

チニダゾール錠200mg「F」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6419001F1048
成分名 チニダゾール
規格 200mg1錠
注1
注2・注3
品名 チニダゾール錠200mg「F」
メーカー名 富士製薬工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 44.7
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

チニダゾール錠500mg「F」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6419001F2044
成分名 チニダゾール
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 チニダゾール錠500mg「F」
メーカー名 富士製薬工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 121.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

乳糖水和物(結晶)「NikP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 7111001X1353
成分名 乳糖水和物
規格 10g
注1
注2・注3
品名 乳糖水和物(結晶)「NikP」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 18.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

乳糖水和物(粉末)「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 7111001X1361
成分名 乳糖水和物
規格 10g
注1
注2・注3
品名 乳糖水和物(粉末)「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 18.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

精製水「NikP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 7131001X1453
成分名 精製水
規格 10mL
注1
注2・注3
品名 精製水「NikP」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 1.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

単シロップ「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 7142001X1244
成分名 単シロップ
規格 10mL
注1
注2・注3
品名 単シロップ「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 8.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

テルビナフィン錠125mg「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6290005F1296
成分名 テルビナフィン塩酸塩
規格 125mg1錠
注1
注2・注3
品名 テルビナフィン錠125mg「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 110.4
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「テバ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1268
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「テバ」
メーカー名 テバ製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1276
成分名 バラシクロビル塩酸塩水和物
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1284
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「日本臓器」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1292
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「日本臓器」
メーカー名 東洋カプセル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「ファイザー」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1306
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「ファイザー」
メーカー名 ファイザー
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「明治」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1314
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「明治」
メーカー名 Meiji Seika ファルマ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「わかもと」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1322
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「わかもと」
メーカー名 わかもと製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル粒状錠500mg「モチダ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F2027
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1包
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル粒状錠500mg「モチダ」
メーカー名 持田製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 313.7
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「三和」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1241
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「三和」
メーカー名 三和化学研究所
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「ツルハラ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1250
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「ツルハラ」
メーカー名 鶴原製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「科研」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1195
成分名 バラシクロビル塩酸塩水和物
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「科研」
メーカー名 シオノケミカル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「杏林」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1209
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「杏林」
メーカー名 キョーリンリメディオ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「ケミファ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1217
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「ケミファ」
メーカー名 日本ケミファ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「サトウ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1225
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「サトウ」
メーカー名 佐藤製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1233
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「TCK」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1144
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「TCK」
メーカー名 辰巳化学
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「YD」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1152
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「YD」
メーカー名 陽進堂
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「アメル」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1160
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「アメル」
メーカー名 共和薬品工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「イワキ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1179
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「イワキ」
メーカー名 岩城製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「オーハラ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1187
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「オーハラ」
メーカー名 エール薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「MEEK」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1110
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「MEEK」
メーカー名 小林化工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「NP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1128
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「NP」
メーカー名 ニプロ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「PP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1136
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「PP」
メーカー名 ポーラファルマ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「DK」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1047
成分名 バラシクロビル塩酸塩水和物
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「DK」
メーカー名 大興製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「DSEP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1055
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「DSEP」
メーカー名 第一三共エスファ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「EE」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1063
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「EE」
メーカー名 エルメッド エーザイ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「F」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1071
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「F」
メーカー名 富士製薬工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「FFP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1080
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「FFP」
メーカー名 富士フイルムファーマ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1098
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「JG」
メーカー名 日本ジェネリック
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「KOG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1101
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「KOG」
メーカー名 興和
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル錠500mg「CEO」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019F1039
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル錠500mg「CEO」
メーカー名 セオリアファーマ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 268.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

アシクロビル顆粒40%「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250002D1199
成分名 アシクロビル
規格 40%1g
注1
注2・注3
品名 アシクロビル顆粒40%「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 117.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

アシクロビル錠200mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250002F1262
成分名 アシクロビル
規格 200mg1錠
注1
注2・注3
品名 アシクロビル錠200mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 63.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

アシクロビル錠400mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250002F2269
成分名 アシクロビル
規格 400mg1錠
注1
注2・注3
品名 アシクロビル錠400mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 91
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル顆粒50%「MEEK」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019D1038
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 50%1g
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル顆粒50%「MEEK」
メーカー名 小林化工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 323.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル顆粒50%「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019D1046
成分名 バラシクロビル塩酸塩水和物
規格 50%1g
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル顆粒50%「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 323.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル顆粒50%「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019D1054
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 50%1g
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル顆粒50%「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 323.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

バラシクロビル顆粒50%「明治」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6250019D1062
成分名 バラシクロビル塩酸塩
規格 50%1g
注1
注2・注3
品名 バラシクロビル顆粒50%「明治」
メーカー名 Meiji Seika ファルマ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 323.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

オフロキサシン錠100mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6241006F1156
成分名 オフロキサシン
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 オフロキサシン錠100mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 20.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

シプロフロキサシン錠100mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6241008F1120
成分名 塩酸シプロフロキサシン
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 シプロフロキサシン錠100mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 12.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

シプロフロキサシン錠100mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6241008F1139
成分名 塩酸シプロフロキサシン
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 シプロフロキサシン錠100mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 43.3
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

シプロフロキサシン錠200mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6241008F2160
成分名 塩酸シプロフロキサシン
規格 200mg1錠
注1
注2・注3
品名 シプロフロキサシン錠200mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 50
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ラベファインパック

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6199103X1029
成分名 ラベプラゾールナトリウム・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール
規格 1シート
注1
注2・注3
品名 ラベファインパック
メーカー名 エーザイ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品 先発品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 438.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1)~(10) (略)
(11) ラベファインパック
本製剤は、パリエット錠10mg、サワシリン錠250及びフラジール内服錠250mgを組み合わせ、1日分を1シートとしたものであって、承認された効能・効果に対してヘリコバクター・ピロリの除菌を目的として使用されるものであり、個々の製剤を単独若しくはこれ以外の組み合わせにより、又は当該目的以外に使用されるものではないこと。
なお、ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについては、平成12年10月31日付保険発第180号により示しているところであり、本製剤についても同様の取扱いであること。

サラゾスルファピリジン腸溶錠500mg「テバ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6219001H1080
成分名 サラゾスルファピリジン
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 サラゾスルファピリジン腸溶錠500mg「テバ」
メーカー名 テバ製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 31
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

サラゾスルファピリジン腸溶錠250mg「テバ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6219001H2079
成分名 サラゾスルファピリジン
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 サラゾスルファピリジン腸溶錠250mg「テバ」
メーカー名 テバ製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 18.5
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ミノサイクリン塩酸塩顆粒2%「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6152005D1108
成分名 ミノサイクリン塩酸塩
規格 20mg1g
注1
注2・注3
品名 ミノサイクリン塩酸塩顆粒2%「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 12
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6152005F1095
成分名 ミノサイクリン塩酸塩
規格 50mg1錠
注1
注2・注3
品名 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 17.1
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6152005F1109
成分名 ミノサイクリン塩酸塩
規格 50mg1錠
注1
注2・注3
品名 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 17.1
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ミノサイクリン塩酸塩錠100mg「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6152005F2113
成分名 ミノサイクリン塩酸塩
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 ミノサイクリン塩酸塩錠100mg「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 30.1
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ミノサイクリン塩酸塩錠100mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6152005F2121
成分名 ミノサイクリン塩酸塩
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 ミノサイクリン塩酸塩錠100mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 30.1
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ラベキュアパック400

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6199102X1024
成分名 ラベプラゾールナトリウム・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン
規格 1シート
注1
注2・注3
品名 ラベキュアパック400
メーカー名 エーザイ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品 先発品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 544.2
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1)~(9) (略)
(10) ラベキュアパック400及び同800
本製剤は、パリエット錠10mg、サワシリン錠250及びクラリス錠200を組み合わせ、1日分を1シートとしたものであって、承認された効能・効果に対してヘリコバクター・ピロリの除菌を目的として使用されるものであり、個々の製剤を単独若しくはこれ以外の組み合わせにより、又は当該目的以外に使用されるものではないこと。
なお、ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについては、平成12年10月31日付保険発第180号により示しているところであり、本製剤についても同様の取扱いであること。

ラベキュアパック800

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6199102X2020
成分名 ラベプラゾールナトリウム・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン
規格 1シート
注1
注2・注3
品名 ラベキュアパック800
メーカー名 エーザイ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品
先発医薬品 先発品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 721.4
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1)~(9) (略)
(10) ラベキュアパック400及び同800
本製剤は、パリエット錠10mg、サワシリン錠250及びクラリス錠200を組み合わせ、1日分を1シートとしたものであって、承認された効能・効果に対してヘリコバクター・ピロリの除菌を目的として使用されるものであり、個々の製剤を単独若しくはこれ以外の組み合わせにより、又は当該目的以外に使用されるものではないこと。
なお、ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについては、平成12年10月31日付保険発第180号により示しているところであり、本製剤についても同様の取扱いであること。

アジスロマイシン錠250mg「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1176
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「わかもと」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1184
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「わかもと」
メーカー名 わかもと製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F3020
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」
メーカー名 高田製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 148.5
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠500mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F4027
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠500mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 325.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠500mg「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F4035
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 500mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠500mg「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 325.6
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシンカプセル小児用100mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004M1035
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシンカプセル小児用100mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 148.5
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004M1043
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」
メーカー名 シオノケミカル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 148.5
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシンカプセル小児用100mg「YD」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004M1051
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシンカプセル小児用100mg「YD」
メーカー名 陽進堂
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 148.5
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「タカタ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1141
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「タカタ」
メーカー名 高田製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「テバ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1150
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「テバ」
メーカー名 大正薬品工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1168
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「SN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1095
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「SN」
メーカー名 シオノケミカル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「YD」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1109
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「YD」
メーカー名 陽進堂
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「アメル」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1117
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「アメル」
メーカー名 共和薬品工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「サワイ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1125
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「サワイ」
メーカー名 沢井製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「サンド」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1133
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「サンド」
メーカー名 サンド
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「DSEP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1036
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「DSEP」
メーカー名 全星薬品工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「F」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1044
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「F」
メーカー名 富士製薬工業
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1052
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「KN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1060
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「KN」
メーカー名 小林化工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「KOG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1079
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「KOG」
メーカー名 興和
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン錠250mg「NP」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1087
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「NP」
メーカー名 ニプロ
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004C1080
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」
メーカー名 高田製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 216
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

セフジニルカプセル50mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132013M1126
成分名 セフジニル
規格 50mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 セフジニルカプセル50mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 37.2
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

セフジニルカプセル100mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132013M2149
成分名 セフジニル
規格 100mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 セフジニルカプセル100mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 41.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

ロキシスロマイシン錠150mg「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149002F1169
成分名 ロキシスロマイシン
規格 150mg1錠
注1
注2・注3
品名 ロキシスロマイシン錠150mg「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 26.9
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

アジスロマイシン細粒小児用10%「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004C1048
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン細粒小児用10%「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 216
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004C1056
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」
メーカー名 シオノケミカル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 216
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン細粒小児用10%「YD」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004C1064
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン細粒小児用10%「YD」
メーカー名 陽進堂
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 216
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004C1072
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」
メーカー名 小林化工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 216
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。

セフポドキシムプロキセチル錠100mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132011F1110
成分名 セフポドキシム プロキセチル
規格 100mg1錠
注1
注2・注3
品名 セフポドキシムプロキセチル錠100mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 48.2
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

セフジニル細粒小児用10%「JG」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132013C1147
成分名 セフジニル
規格 100mg1g
注1
注2・注3
品名 セフジニル細粒小児用10%「JG」
メーカー名 長生堂製薬
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 62.3
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

セファレキシンドライシロップ小児用50%「日医工」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132002R4094
成分名 セファレキシン
規格 500mg1g
注1
注2・注3
品名 セファレキシンドライシロップ小児用50%「日医工」
メーカー名 日医工
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 22.2
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

セファクロルカプセル250mg「トーワ」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6132005M1229
成分名 セファクロル
規格 250mg1カプセル
注1
注2・注3
品名 セファクロルカプセル250mg「トーワ」
メーカー名 東和薬品
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 23.4
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載