アジスロマイシン錠250mg「SN」

区分 内用薬
薬価基準収載医薬品コード 6149004F1095
成分名 アジスロマイシン水和物
規格 250mg1錠
注1
注2・注3
品名 アジスロマイシン錠250mg「SN」
メーカー名 シオノケミカル
診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品 後発品
先発医薬品
同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品
薬価 162.8
経過措置による使用期限
備考 H25.12.13収載

使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について(平成25年12月13日保医発1213第6号)

1 (略)

2 薬価基準の一部改正に伴う留意事項について
(1) (略)
(2) アジスロマイシンカプセル小児用100mg「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒小児用10%「SN」、同「JG」及び同「YD」、アジスロマイシン細粒10%小児用「KN」、アジスロマイシン小児用細粒10%「タカタ」、アジスロマイシン小児用錠100mg「タカタ」、アジスロマイシン錠250mg「アメル」、同「SN」、同「NP」、同「F」、同「KN」、同「KOG」、同「サワイ」、同「サンド」、同「JG」、同「タカタ」、同「DSEP」、同「テバ」、同「トーワ」、同「日医工」、同「YD」及び同「わかもと」並びにアジスロマイシン錠500mg「トーワ」及び同「日医工」
本製剤は、3日間に限り算定できるものであること。ただし、アジスロマイシン錠250mg及び同500mgについては、用法・用量に関連する使用上の注意に、「アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。」と記載されているので、肺炎に対してアジスロマイシン注射液からアジスロマイシン錠250mg又は同500mgへ切り替えた場合はこの限りでないこと。
なお、本製剤の組織内濃度持続時間は長く、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意すること。